いよいよオープンする「こもれびの森」を360度カメラで撮影してみました。

いよいよ10月1日に開館する白岡市生涯学習センター〔こもれびの森〕です。

すべての人たちが生涯を通じて楽しく学び、憩い、交流することができる

生涯学習・地域コミュニティ・文化創造の拠点を基本コンセプトに開館の準備が進んでいます。

そんな、こもれびの森を360度カメラで撮影して、一足早く皆さんに館内をご紹介したいと思います。

1階エントランスからの風景

まず、1階エントランスから入ると総合カウンターと2回に続く吹き抜け構造の階段が広々として、開放感を感じさせる明るい館内となっています。

1階には、歴史資料展示室や地域・行政コーナー、児童書のコーナーがあり、多目的ホールもあります。

2階階段を上ったところからの風景

2階は、一般書のコーナーを中心に学習室やPCコーナー、音楽スタジオなどがあります。

一般書のコーナーには、書籍だけではなく、CD、DVDなどの視聴覚資料も収蔵されています。

白岡の新たな文化の拠点としてこれから皆さんの来館をまっている、

「こもれびの森」の姿をお伝えしました。